So-net無料ブログ作成

波平の後任の声優さんって誰になるの?打ち切りにはならないの? [ニュース]

スポンサードリンク




フジテレビの人気アニメ「サザエさん」で、日本のお父さんの象徴とも言うべき「磯野波平」の声を演じていた永井一郎さん(享年82)の後任の声優さんが決まりました。後任の声優さんは茶風林(ちゃふうりん)さんといって、ちびまる子ちゃんの永沢くんや、名探偵コナンの目暮警部を演じる人気声優さんなのだそうです。

私は正直、アニメに明るい人間ではないものの、茶風林さんの声は想像ができます。永沢くんというと、ネチネチと同じクラスメイトの藤木くんなどの悪口を言ったりするキャラクターだというイメージがありますが、一方の波平さんはと言うとよく怒るけどカラっとした良きお父さんといった真逆のイメージがあります。

この先入観が強いせいか、「大丈夫かな」という気持ちが出てきてしまうのですが…。まぁ実際のところどうなのかは皆さんに判定をいただきたいところです。

ところで永井さんがお亡くなりになり、正直作品が時代にも合わなくなってきていると思うし、サザエさんも打ち切りにならないのかとも考えたのですが、どうやら終わりにできない理由がTV局にはありそうです。

永井さんが亡くなったことでサザエさんを見ようとする人が急増したためか、視聴率が21.8%になったというニュースがありました。しかもこの数値が先週比5.1ポイント増という書き方だったので、平時であってもサザエさんは視聴率が15%近くもあるということになります。つまり、時代と作品がマッチしなくなってきつつあるとは言っても、サザエさんはまだまだ膨大な人から見られているということです。

そうなると恐らく、サザエさんの時間帯の広告枠は非常に単価が高くなると思うので、そんな稼げる番組をTV局がみすみす終わらせる理由がないわけです。

似たようなところで言うと、ドラえもんもクレヨンしんちゃんも名探偵コナンもご長寿アニメですが、これはまたサザエさんとは違った理由で延命されていそうです。これら3作品は平時の視聴率もさることながら、映画での興行収入が大きいので、やっぱりTV局は儲かっちゃうわけですね。なのでTV局は映画のための広告に近いニュアンスで番組を続けているという感じなのではないでしょうか?

ちょっとお金の話になってしまいましたが、その番組やTV局の事情はさておき、有名な声優さんがお亡くなりになるのはとても寂しいものです。私は個人的に北斗の拳が大好きなので、ラオウ役の内海賢二さんがお亡くなりになった際には非常に索漠とした気持ちになりました。ラオウはやっぱり内海さんでなければ私の中では成り立たないのです。ドラえもんの声も大山のぶ代さんでなければ私の中ではドラえもんではないのです。

茶風林さんもベテランとはいえ、「磯野波平」という世間からの先入観ががっちり固まったキャラクターの声優を引き継ぐことに対し、きっととても不安が多いことかと思います。最初の内は周りから認められなかったり、「やっぱり波平は永井さんだな」とか囁かれることもあるかと思います。なので、この先入観を何とかして打ち崩すことが、まず最初に茶風林さんの前に立ちはだかる大きな壁となるのではないでしょうか?

そんな立場の茶風林さんが演じる磯野波平は、2014年2月16日の日曜日が初回になります。さて皆さんには磯野波平がどのように感じられるのでしょうか?



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。